ページトップここから
アクセシビリティツール

氷見温泉郷

サブサイトタイトル温泉・宿泊・交通

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

能登半島国定公園 氷見温泉郷

温泉イメージ1温泉イメージ2温泉料理イメージ

ヴィーナスは海からやってくる!

氷見温泉郷ロゴ

富山県には149ヶ所(平成11年3月末現在)もの温泉があり、花崗岩帯・火山帯・片麻岩帯・丘陵地帯の4つから出ている温泉に分けられます。その内の7割が富山平野を囲む丘陵地帯から出ている温泉で、氷見の温泉もこれに属します。この種の温泉は、800から1300メートルのボーリングにより得られ、温度は50℃前後、泉質はナトリウム‐塩化物泉で、火山爆発の噴流物堆積により閉じ込められた約1500年前の海水(化石塩水と呼ぶ)のためしょっぱいのが特徴です。

氷見市内には、この温泉が沿岸北部を主に点在しており、それを総称して「能登半島国定公園 氷見温泉郷」と呼びます。現在、旅館・民宿が20軒あり、約1500人収容できます。効能は、切り傷・火傷・慢性皮膚病・慢性婦人病などで、ナトリウム‐塩化物泉という泉質が「美人になる湯」として、特に女性客に好評です。

氷見に来て、温泉と朝捕れの新鮮な魚料理を堪能することで、きっとあなたもヴィーナスになれることでしょう。

 

 

 

温泉に入れる旅館・民宿

日帰り入浴のできる宿

氷見には宿泊以外にも休憩や日帰り入浴が出来る宿もあり、お気軽にご利用いただけます。

温泉有 このマークの付いた施設では温泉にご入浴いただけます。

宿泊でご入浴いただける宿

氷見には民宿を中心に、沿岸部に旅館、ホテルなどが点在しています。
美人の湯としても人気の氷見の温泉にゆったりとつかれば、心までが泳いでいるようなやすらぎを味わえます。

温泉有 このマークの付いた施設では温泉にご入浴いただけます。