ページトップここから
アクセシビリティツール
  1. トップページ >
  2. 地域観光ニュース >
  3. 第6回氷見絆国際映画祭2021(11月21日開催) ※終了

第6回氷見絆国際映画祭2021(11月21日開催) ※終了

サブサイトタイトル地域観光ニュース

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月22日更新

第6回氷見絆国際映画祭2021開催! ※終了

氷見絆国際映画祭トップイメージ

多くのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

氷見絆国際映画祭2021

映画祭当日の様子

当日映画上映の様子

授賞作品・授賞者

最優秀地域映画大賞

十六夜の月子

最優秀地域映画支援自治体大賞

岡山県津山市

(今回二作の映画に多大な協力支援をした功を称えての授賞となりました)

最優秀監督賞

頃安祐良(『十六夜の月子』監督)

最優秀原作大賞

山本昇(『十六夜の月子』原作者)

最優秀主演女優賞

山下リオ 作品名『ホルモン女』

最優秀助演女優賞

ami(Jewel) 作品名『十六夜の月子』


氷見絆国際映画祭とは?
 

氷見絆国際映画祭は芸術面から元気なまちづくりを目指すことを目的として2012年に第1回目が開催されました。
今年は第6回の開催となります。

氷見絆国際映画祭2021

入場無料です。どなたでもご覧いただけます。

開催日時

令和3年11月21日(日曜日)午前10時00分から午後12時00分

開催場所

氷見市漁業文化交流センター(氷見市中央町7番1号)

上映作品スケジュール

10時00分開会 開会挨拶、来賓挨拶、表彰式

順次、下記の映画を上映スタート 

※タイムスケジュールは予定です。多少前後する場合がございます。

■10時40分『十六夜の月子』

十六夜の月子

©️2021「十六夜の月子」製作実行委員会

岡山県津山市出身の映像作家・安田啓介。彼は東京で細々と企業のプロモーション映像などの制作していた。
そんな彼に津山高校をテーマにした自伝的小説を書いた山本から、これを原作として津山のPR映画を撮らないかという依頼が舞い込んできた。
原作の内容は津山高校を舞台にした月子という女性と山本の初恋の物語だ。
映画制作が夢だった啓介は、シナリオ作成のために地元に戻るが、原作にある「月子」という女性と、自分の高校時代に出会った「あの子」の事を重ね苦しむ。
あの子とは啓介が高校生の時の初恋の相手。思いを伝えないまま、いつの間にか合わなくなり、そして高校3年生の時に彼女の「事故死」を知る事になった子だったのだ。

監督:頃安祐良 
出演:前原瑞樹/アントニー(マテンロウ)/ami(Jewel)/石田清志郎/綿谷みずき/桜井めぐみ/オール阪神(オール阪神・巨人)
公開:2021年
上映時間:約37分

出演者登壇予定。

■11時05分『ホルモン女』

ホルモン女

©2011『ホルモン女』制作委員会

2005年、国体が開催される津山市役所では、選手たちをもてなす郷土料理の試食会が行われていた。しかしどれも幹部の反応はイマイチで、選定してきた観光課の刑部(河本準一)と坂井ひろこは、非難を浴びる。
「悔しい!」坂井ひろこは、お好み焼き屋で、酒を飲みながら愚痴っていた。と、男たちが変わった焼うどんを食べているのに気付く。それはホルモンを具材に作られた焼うどんであった。
津山では昔から食べられているというが、初めて見るひろこには信じ難く、油でギトギトしたホルモンの見た目が気持ち悪く食べる気にはなれなかった。しかし、この時の出会いが"津山ホルモンうどん"が全国に知れ渡る運命の第一歩になるのである…

監督:遠藤光貴 
出演:山下 リオ/増田 修一朗 /坂本 純一(GAG少年楽団)/河本 準一(次長課長)
公開:2011年
上映時間:約33分

ご案内

□上映時間は多少前後する場合がございます。
□席は全席自由席となります。席数には限りがございます。
□入退場は自由です。
□上映中の撮影・録音・録画は禁止です。
□上映中、舞台挨拶中は携帯電話の電源をお切りください。
□ほかのお客様のご迷惑になるような行為はご遠慮ください。
□会場内でスタッフの指示及び注意事項に従わずに生じた事故については、主催者は一切責任を負いません。
□会場内・外で発生した事故・事件・盗難等は、主催者・会場・出演者は一切責任を負いませんので、貴重品を含む持ち物は各自で管理してください。
□年齢による入場制限はございません。

主催

氷見絆国際映画祭2021実行委員会 (一社)氷見市観光協会

氷見絆国際映画祭2021実行委員会は、氷見市や氷見市観光協会を中心にフィルムコミッショ市内各団体と組織し国内外から出展作品を公募し選考の上、映画を上映しております。上映作品の中から各賞を選定し表彰で功績を広く発信いたします。

後援

北日本新聞 富山新聞 北陸中日新聞

お問い合わせ

氷見絆国際映画祭2021実行委員会事務局

一般社団法人氷見市観光協会
TEL (0766)74-5250


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)