ページトップここから
アクセシビリティツール
  1. トップページ >
  2. 地域観光ニュース >
  3. アーカイブ > 2016年 >
  4. ひみ寒ぶり宣言見合わせについて

ひみ寒ぶり宣言見合わせについて

サブサイトタイトル地域観光ニュース

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月29日更新

平成27年度のひみ寒ぶり宣言について、判定委員会より連絡がありましたので以下の通りご報告いたします。


この度、平成28年2月4日(木曜日)に氷見漁協や漁業関係者が委員となる判定委員会が開かれ、今シーズンの「ひみ寒ぶり宣言」は見合わせることに決定いたしました。

今シーズンのブリの水揚げは、11月から1月末までで4,000尾未満で、ある程度まとまって水揚げされた日が少ないシーズンでした。
「ひみ寒ぶり」という商標登録をおこなってから、毎シーズン総合的に判断して、ひみ寒ぶり期間の開始宣言と終了宣言と行ってきましたが、今年度は、魚体、数量、その他総合的に判断した結果、ひみ寒ぶりとして取り扱いできる状態ではありませんでした。
今後は、来シーズンに向け、豊漁を祈るとともにより管理体制をしっかりと整え、ブランド維持に努めていきたいと思います。

 

ひみ寒ぶり