ページトップここから
アクセシビリティツール

秋 - 氷見の四季

サブサイトタイトル5分で分かる氷見のこと

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月29日更新

日本屈指、古刹上日寺の霊木 国指定天然記念物(上日寺のイチョウ)

上日寺のイチョウ

 朝日山公園のふもとにある上日寺は、ごんごん祭りで有名な真言宗の古刹です。
その境内に、創建時に植えられたと伝えられているイチョウの巨木がそびえ立っています。

 この大イチョウは雌株で、樹齢も古く、樹高約24m、目通し幹回り12m。
雌株では日本一の幹回り(雄株も含めたイチョウ全体では全国7位)を誇っています。

 大正12年に国の天然記念物に指定されています。

上日寺のイチョウ 詳細はこちら

 

「獅子舞の里」氷見。市内全域で100を越える獅子舞が今なお舞われています。

獅子舞

 「獅子舞の里」氷見市には数多くの獅子舞が伝承されており、市内全域で100を超える獅子舞が演じられています。
カシラとカヤからなる獅子方と、天狗・獅子の所作、太鼓や鐘の音などの特徴から「氷見獅子」と類型されます。

 演目は多数あり、「ヒトアシ」「フタアシ」「バンガエシ」「キョウブリ」などがあります。
また、当年村へ嫁いできた嫁から高額な祝儀が出た場合は「ヨソブリ」などの各青年団とっておきの演目が演じられます。
最後は、「獅子殺し」という長時間の演目が演じられ、その年の獅子舞は終了となります。

 氷見町西方の上庄川沿いの上庄谷の村々では9月の秋祭りに獅子舞が出されることが多く、灘浦の海岸部では、春秋いずれかの祭りで獅子舞が出されます。
また、氷見町の南町では、秋の祭礼日に獅子舞が演じられることが多いです。

獅子舞に関する施設

 ひみ獅子舞ミュージアム

 

「食都(しょくのみやこ)」氷見。秋の恵みをぜひご賞味ください。

食都(しょくのみやこ)

ふくらぎ

氷見牛

 秋は収穫の季節。
「食都」氷見でも、秋ならではのたくさんの味覚が皆様をお出迎えいたします。

里山の恵み

氷見米

 氷見の美味しい水と豊かな里山で育まれたお米です。 味良し・ツヤ良し・粘り良しと三拍子そろった氷見米をお楽しみいただけます。

リンゴ

  比較的温暖で降水量が多い氷見市では、熟する期間が長く果汁の豊富な糖度の高いりんごが生産できることで知られています。
 現在、氷見市ではりんご研究会の皆さんにより、1500本のリンゴが栽培されています。

自然薯-山菜の王者自然薯(ジネンジョ)

  ミネラルたっぷり、栄養価抜群です。
有機栽培で手塩にかけて育てられています。

ハトムギ

  イネ科ジュズダマ属の穀物で、秋に収穫を迎えます。
古くから漢方薬として用いられており、栄養バランスに優れています。
  氷見市では、ハトムギ茶として用いられる他、ハトムギパン、ハトムギうどんなどさまざまな食品が開発されています。

海の恵み

 秋は最も魚種豊富な時期。
 ブリの幼魚である「フクラギ」をはじめ、塩焼きが美味しいカマス、その他にもアオリイカやソウダカツオなど、たくさんの魚がとれます。

グルメ

 氷見の地魚 , 氷見牛 , 氷見三昧御膳

 

『ひみ永久グルメ博』食の総合イベント!氷見の味覚をお楽しみあれ!

ひみグルメ博ロゴ

 氷見漁港内ひみ漁業交流館"魚々座"周辺にて、氷見市の代表的な魅力の一つである「食」を広く発信するために、氷見産の食材を主力とした"ひみ食のブランド"博覧会「ひみ永久グルメ博」が開催されます。

 このイベントでは、氷見市の特産品や即売コーナー、大漁鍋・氷見牛などのフードコーナーなど美味しい楽しさが盛りだくさん!

 その他にも、魚々座でのイベントやスペシャルゲストによるアトラクションなど、楽しい企画もいっぱい。

開催内容

(平成28年度)第3回ひみ永久グルメ博(2016年10月30日終了)

(平成27年度)第2回ひみ永久グルメ博(2015年10月11日終了)

(平成26年度)第1回ひみ永久グルメ博(2014年10月12日終了)